食べ合わせダイエット-寿司の食べ方

食べ合わせダイエット-寿司

「週に1度は寿司」が、できるビジネスマンの掟

 

「効率よく仕事をしたい」、「おもしろい企画やアイデアを次々と出したい」というビジネ
スマンにとって、寿司はすばらしいメニューです。

 

もしもあなたが、「寿司は太りやすい食べ物」なんて思っているとしたら、それは全くの誤解です。

 

酢飯は、ご飯に酢を絡ませていることで、普通の状態のご飯よりも糖の吸収がゆるやかになるので、体脂肪になりにくくなるのです。

 

 また、なんといっても寿司を食べる大きいメリットが、生の魚を摂ることができるというメリットです。

 

生魚には、魚に多く含まれている良質なタンパク質や脂質、またビタミンやミネラルなどが、加熱されて失われずにそのまま含まれています。

 

しかも、デトックスに欠かかすことのできない酵素やDHA、IPAといった身体にとって良い効果のある脂肪も、新鮮なままで丸ごと摂るっことができます。

 

このように寿司の生魚と酢飯の関係は、ダイエットだけではなく身体のためにも、アンチエイジングのためにもにも最高のコンビであると言えるでしょう。

 

身体に毒素をため込んでいると、身体のさまざまな部分で炎症が起こります。身体の疲れが抜けない、集中力や判断力が低下するといった不調もそのため。

 

身体はもちろん、脳の働きを常にベストコンディションに整えておくためにも、少なくとも週に1度は寿司を食べましょう。

 

一番積極的に食べたい寿司ネタは、DHAやIPAを豊富に含む旬の魚や魚介類です。

 

逆に、あまりおすすめできないのは、欧米人に人気のカリフォルニアロールやツナの軍艦巻きなど、マヨネーズをたっぷり使ったもの。脳の働きをよくするためには、昔ながらの伝統的な寿司ネタで攻めていきましょう。

 

寿司でただ一つの難点は、生ものを摂るために身体が冷えてしまうということです。

 

そこで、寿司を食べるときは、ガリも積極的に食べること。

 

ガリは、身体を温めて代謝をよくする働きのある、ショウガを甘酢漬けにしたものです。

 

ガリ自体のデトックス効果も期待できます。

 

温かい味噌汁も欠かせないもの。

 

とくに、寿司屋さんの味噌汁は、昆布やカツオ節、煮干しなどでしっかりダシをとっていますから、疲労回復や脳の働きを高めるグルタミン酸
やイノシン酸などもたっぷり。

 

いつもはインスタントの味噌汁を飲んでいる人も、たまにはしっかりダシの効いた味噌汁を飲むと、シャキッと元気が湧いてくるでしょう。