食べ合わせダイエット-イタリアンの食べ方

食べ合わせダイエット-イタリアン

イタリアンパスタにピザ…小麦粉食品が多い、イタリアン攻略法

 

イタリアンの定番といえば、パスタやピザですよね。

 

小麦粉が身体を冷やしやすいとわかっていても、私も大好き。

 

たまにどうしても食べたくなります。

 

そんなときは、良質なエキストーフバージンオリーブオイルを、小さじ1〜2杯かけていただきましょう。

 

オリーブオイルは、代謝を上げるためのいわば潤滑油。身体を温めるだけでなく、血中コレステロールを抑え、腸の調子を整える働きもあります。

 

イタリアンのお店ならたいていテーブルに用意してあると思いますが、本格的なイタリアンのお店なら、より新鮮でナチュラルなエキストラバージンオリーブオイルを置いているはず。

 

パスタやピザを食べるなら、ファミレスよりは、本格的なイタリアンのお店で食べるというのも、ダイエットのポイントの一つといえるかもしれません。

 

オリーブオイルに代謝アップ作用のある唐辛子やハープを入れたフレーバーオイル、八ーブオイルがあれば、ぜひそちらを。

 

これらは、家庭でも簡単に作れるのでぜひチャレンジしてみてください。

 

唐辛子といえば、タバスコも代謝アップに役立ちます。

 

ただし、いくら辛いのが好きでも、かけ過ぎは胃腸を荒らすのでほどほどに。

 

パスタを選ぶとき注意したいのは、具の量です。

 

パスタの量に対して肉や魚介、野菜が多いものを選びましょう。

 

高カロリーなイメージのあるカルボナーラも、じつはベーコンや卵でタンパク質をたくさん摂れる燃焼系パスタです。

 

また、ジャガイモで作ったニョッキや米のリソットを主食に選ぶのも賢い選択です。